再度挑戦

2月もあっという間に過ぎ去ろうとしている。
そんな中、再度挑戦しようと思っていることがある。
と言うより、他のことが忙しくなかなかやれていなかった。
「お好み焼き」である。
穴の開いたお好み焼きに再度力を入れたい。

私にとってお好み焼きは食べにくいもののひとつ。
現状のお好み焼きの雰囲気を残したまま食べやすい形になったので、
数年前にやろうと思い、やりだしたが中途半端に中断した。

去年から今年にかけて2種類の型枠が特許取得できたので、
再度やっていくことにした。
先日、このお好みを作ってくださる会社が見つかったので
やってみたいと思っている。さあどうなるか楽しみだ。
新たなスタートラインに立った。

自分がやりたいことができることに感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/
スポンサーサイト

思案

7月2日から阪急梅田で
双樹と言う玉子料理のお店をさせていただくことになり、
そこに「ちえのわお好み」もおいてもらう予定が、
まだおいてもらえない。

事情は色々あるが、
私としては「ちえのわお好み」を何とかしたい。
違う方法で製造方法と販売方法を考えたい。

梅田のお店と、8月から引き受けている東京の2店舗、
合計3店舗のお店の運営が軌道に乗ったらどうするか考えたい。

考えることがあることに感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/

新たな挑戦

六月に入ってすべらんうどん屋は例年通りヒマである。
いつもこの時期悩みまくる。
だがなかなか出口が見つからないのが現状である。
10年悩んでいる。

今年は違う。新たな挑戦をする。
「ちえのわお好み」である。
ひょんなことから、うどん双樹で7月に新店舗を出店することになった。
そこで「ちえのわお好み」のデビューができるかもしれない。
そのお店は行きがかり上営業することになったので、
うどん屋ではない。出汁巻き屋である。

そこに「ちえのわお好み」も商品のひとつとして仕入れてもらうことになった。
今まで私の勤め先では商品の種類が多く、「ちえのわお好み」は目立たなかった。
また惣菜店で扱っていたので場違いだった。
今回店頭での販売商品の種類が少なく、商品が絞られるため、アピール度が違う。
また現場のバック厨房で作ったものを店舗で販売するので出来立て感が違う。

またお客様に提供する方法も違うので、
お客様には今までのお好み焼きとは違う「お好み革命」を
感じていただけるかもしれない。

すべらんうどんの乾麺タイプも商品の一つとして販売してくれるみたいなので、
コンセプトはタマゴと出汁にこだわった玉子料理の専門店で
主力製品は出汁巻きではあるが、
「ちえのわお好み」や「すべらんうどん」と言った個性の高い製品を
おかせていただくので面白いお店になるだろう。

新たな挑戦に感謝。


(追伸)
ひょんなことから今回のお店をさせていただくご縁をいただいたが、
私が仕掛けたのでもなく、私が努力したわけでもなく、
私の周りの方たちの努力以外の何物でもない。
今回の店舗の概要は7月に入ったら
ホームページに掲載させていただこうと思っている。
これからどんな展開になるかわからないが、一歩一歩、歩みたい。
周りの人に感謝。


うどん双樹・すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/

おかずや煮平にて「ちえのわお好み」販売開始

今年に入って私の勤め先の冨士屋かまぼこにて、
「ちえのわお好み」の製造を本格的にスタートしてもらった。

そして冨士屋かまぼこのお惣菜部門である
おかずや煮平という店で従来のお好み焼きをやめてもらい、
とりあえず「ちえのわお好み」の販売をスタートしてもらった。
関西と関東で約30店舗ある店のほとんどで販売してもらう。
どうなるかわからないが日本一の人気お好みに育ってほしい。
「ちえのわお好み」の販売スタートに感謝。


ちえのわお好みの特徴

chienowa-1.jpg

(1)...お好み焼きの真中に丸い穴があいています。
(2)…真中の穴の効果によってお箸で簡単にお好み焼きを切り分けられ、
中の具が出ることなく、ソースがあちらこちらにつかず、
お子様や、手や目の不自由な方でも簡単にお召し上がりいただけます。
(3)…真中に穴をあけることにより、
従来のお好み焼きと比べ火のとおりがよくなり、
鉄板で焼く際に穴の開いた部分から遠赤外線が良く出て、
お好み焼きがふわふわし、中身がソフトにジューシーに仕上がり、
おいしくお召し上がりいただけます。
(4)…真中の穴に卵や焼きそばなど色々な食べものを少しだけ飾り、
その時々で色々な楽しみ方をしていただけます。

ちえのわお好み テスト販売

先日、「ちえのわお好み」で
神戸ユニバーサルデザイン大賞の審査員特別賞をいただいたので、
テスト販売することに決めた。

まずは、私の勤め先の惣菜店。
とりあえず、11月末から2店舗か3店舗で
不定期でテスト販売し、よければ広げるつもりだ。
賞をいただかなかったらまだ販売する気がなかった。
只いただけたので、できるだけ早く販売する気になった。

そんな事情から私の勤め先の店舗の店長さんたちには、
まだあまり「ちえのわお好み」のことは伝えていない。
これからサンプルを試食してもらい、
賛同してもらえる店舗から販売を開始したい。
もっとも量産できるかどうか・・・。
12月の半ばにはお客様からのある程度反応がわかり、
どのようなやり方がいいか分かるだろう。

すべらんうどん屋の第二弾「ちえのわお好み」をじっくり育てて行きたい。
「ちえのわお好み」を作ってくれる仲間に感謝。

(追伸)
当然、天神さんの亀の池で販売する予定だが、
厨房が狭いのでもう少し考えてスマートなやり方をさがし、
何らかの形で販売をはじめたい。
「すべらんうどん」と「ちえのわお好み」に感謝。
プロフィール

岡 道信

Author:岡 道信
うどん双樹株式会社・代表

◎天満天神すべらんうどん
...大阪天満宮の星合茶屋
◎玉子料理の店 双樹
...阪急うめだ本店・宝塚阪急・都筑阪急

このブログは、ホームページ「うどん双樹・天満天神すべらんうどん」に掲載している「岡 道信のひとりごと」を転載しています。尚、一部変更して掲載しているものもあります。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
6552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
235位
アクセスランキングを見る>>