思いがけない喜び

今日、雨の中お客さんが乾麺セットを買いに来られた。

その時ちょうど軒先で、常連さんとその同僚がすべらんうどんを食べていた。
そして、その同僚の方のお子さんが府立高校に合格されたので、
叔母が「ありがとう」はがきを差し上げていた。

そしてそれを見ていた乾麺セットのお客さんが、私もそれをくださいと言った。
そしてそれに、3月9日の「すべらん」の記念スタンプを押してくださいと付け加えた。
母はそれで姪の子が阪大にうかったことからピーンと来たらしく、
阪大ですか京大ですかと聞いた。
京大ですとそのお客さんは答えた。

お客さんはお子さんの受験ですべらんうどんを食べに来たときに、
叔母が合格した方に「ありがとう」はがきを差し上げていたのを見ていたらしく、
自分の子供が合格したら、記念に「ありがとう」はがきをもらおうと思っていたそうだ。
そして記念スタンプにその日付を押そうと思っていたそうだ。
そして、府立高校の合格のお父さんにも3月23日のスタンプを押してあげたそうだ。

私はその話を聞いて、
「ありがとう」はがきとスタンプを作ってよかったと思った。
やっと私の思いがわかってくださる方があることがわかった。
今までは合格のお礼参りに来られた方に私どものほうから差し上げていたが、
それが欲しいと言ってくださる方が現れた。

スタンプもはがきも欲しいと言ってくださる方を一年以上待った。
「ありがとう」はがきと記念スタンプに感謝。
スポンサーサイト

5度目の正直

昨日、府立高校の受験後に
受験生がすべらんうどんを食べに来てくださった。

5回目でやっとお店が開いていて食べられたとのこと。
定休日や時間外など色々な理由で、
すべらんうどん屋が開いていなかったとのこと。

私の母からその話を聞いてびっくりした。
何度も足を運んでくれた女子学生さんがぜひ合格してほしい。
彼女のさわやかな執念に感謝。

3月11日

3月11日、東日本大震災の日が近づくにつれ、
その悲惨な報道が増える。
昨年のことであるから生々しい。

震災にあわれた方、東日本に関係者がおられた方にとって、
家族、身内、同僚、知人、友人など自分に関わる人が
一瞬の間になくなり、目の前で亡くなり、
自宅や工場など自分が暮らしていた地域の建物が
一瞬の間に津波に飲み込まれ、崩壊し、あとの言葉はない。

ただひたすら平和で安心して暮らせる社会を祈りたい。
とりあえず生きているだけでも丸儲け。
平々凡々に感謝。

ヘレン・ケラー

先日NHKで、ヘレン・ケラーさんのドキュメントがあった。
私は障害のある方のドキュメントは基本的に見ないが、
帰ってきてテレビをつけると、
ちょうどその番組がスタートしだしたので見てしまった。
と言うより聞いてしまった。

三重苦、四重苦の方がそれを克服し、世界的に有名な教育家、
社会福祉活動家として世界中で公演活動をされた。
日本にも戦前戦後を通じて3度も来日されたと言うことらしい。
そして障害者の人権を擁護する法律を制定するのに力を尽くされたそうだ。

私はその番組が終わった後、しばらくぼーっと考えていた。
私はこの方に何を感じたのか、この方の取りまきに何を感じたのか・・・。
その存在は私が見えていた幼いころから聞いて知っている。
今さらその存在が偉い、すごい・・・と感じたのか、いや違う。

自分も今の状況から変身したいと思った。どう変わりたいのか。
自分の物差しで世の中をはかることはやめよう。
世界は広い。そして難しいことはぬきに、
自分にできることを行い、楽しく日々おくりたいと思った。
奇跡の人と奇跡の取りまきに感謝。
プロフィール

岡 道信

Author:岡 道信
うどん双樹株式会社・代表

◎天満天神すべらんうどん
...大阪天満宮の星合茶屋
◎玉子料理の店 双樹
...阪急うめだ本店・宝塚阪急・都筑阪急

このブログは、ホームページ「うどん双樹・天満天神すべらんうどん」に掲載している「岡 道信のひとりごと」を転載しています。尚、一部変更して掲載しているものもあります。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
17398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
547位
アクセスランキングを見る>>