「思い込みを捨てたら商機が出てくる」

久しぶりに『ルソンの壷』と言うNHKの番組を見た。
水都大阪の水ビジネスで成功されている3社の社長さんが出ていた。

それぞれ、水陸両用バス、浄水器、噴水のビジネスで
成功されている会社様だった。

その中で「思い込みを捨てたら商機が出てくる」と
おっしゃっておられる社長さんがいた。
そして、私は「なるほど」とうなずいて出社した。

思い込みの強い私にとっていいクスリ。
「言葉は魔法」に感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/
スポンサーサイト

ゆっくり

梅雨に入り、雨が降ったりやんだりと悩ましい。
当たり前のことである。

私は相変わらず暇ではあるが、
せわしない日々を過ごしている。

そしてこのごろ時がとても愛しい。
時は金なりと言うが、時はお金では買うことができない。
ゆったり、ゆっくり過ぎていく時間がとても愛しい。

人により寿命は違うので、人により与えられる時間は違うが、
そこは天の決めること。

人間社会では政治や経済宗教など、
与えられる環境にもより
社会生活の中で色々な拘束はあるものの、
与えられた時間の使い方はその人の自由だ。

時は唯一自由で拘束がない。
何が起きてもただ一方向に向かうだけで、
留まらず引き返すことができない。

ただただ今の一瞬を大切にしたい。
すべての人に与えられている「時・時間」に感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/

じっくり考える

昨年秋、母に背中を押され、
生活全般において完全に迷いが消え、
この半年で自分らしい生活ができるようになりつつある。

そのせいか、アホなわりにじっくり物事を考え、
判断するようになってきている。

そして、すべらんうどん屋の今後だが、
より皆様に親しんでいただける商品の開発や新しい提供方法など、
年末までには考え、来年までには行動に移したい。

また現状「双樹」ブランドでの百貨店での店舗展開に関しては、
私が立ち上げたわけでもなく窓口ではないが、
「すべらん」の異業種の商標登録とともに、
「双樹」が商標登録できたことから、双樹に関わる人たちが
次の展開を考え行動を起こせるよう、その環境を整えたい。

気長に・しぶとく・粘り勝ち 
素直に・謙虚に・喜んで 感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/

6月

6月に入って、
すべらんうどん屋は例年どうり、
いやそれ以上に暇である。

昨年7月以降百貨店で、だし巻き玉子や惣菜店を引き受け、
5月に決算したところ、売上は10倍以上に膨れ上がったが、
赤字も5倍以上になり、大変である。
だが心に何の不安もない。不思議だ。
私の潜在意識の中に
将来の成功のシナリオができているのか・・・。

最近早くから眠りにつき夜中に目覚め、
母と話をすることが多い。
今日も夜中2時ごろから1時間程度話をした。

おふくろ「生きてるだけでまる儲けやから気楽にやるわ」と
言う言葉で会話を終えた。
心から荷物を下ろすとこんなにも楽なのか。
これからの生き方に感謝。

(追伸)
国会は第9条の憲法解釈でモメかえっているが、
人間も動物、なわばりを荒らされたら理性を失う。
ただただ自分の身の回りが平和なことを
祈ることから始まるのではなかろうか。
小さな愛、小さな幸せ、小さな平和、その積み重ねが、
大きな愛、大きな幸せ、大きな平和につながるのではなかろうか。
「もっともっと」から「もったいないもったいない」の心が
平和を築くのではないでしょうか。
奪いあえば足らないけれど、分かち合えば余る。
平和はその心の中にあるのではないでしょうか。

「教育」が平和を築く。
バランスのとれた教育が受けられる世界になればありがたい。
勉強嫌いだった私でさえ、
教育が平和と富・繁栄をもたらす気がしてならない。

好きなことが言える社会に感謝。


うどん双樹・天満天神すべらんうどん
http://www.udon-soujyu.co.jp/
プロフィール

岡 道信

Author:岡 道信
うどん双樹株式会社・代表

◎天満天神すべらんうどん
...大阪天満宮の星合茶屋
◎玉子料理の店 双樹
...阪急うめだ本店・宝塚阪急・都筑阪急

このブログは、ホームページ「うどん双樹・天満天神すべらんうどん」に掲載している「岡 道信のひとりごと」を転載しています。尚、一部変更して掲載しているものもあります。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新トラックバック
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
17398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
547位
アクセスランキングを見る>>